ルーシージャパン・ブログ

オートバイ、バイクのカスタムシート製作、張替え用シートカバーなどの商品情報を紹介しております。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.06.25 Wednesday

■GSX750S刀のレストア

0
    ■オートバイのシート屋になる以前はレストアで生計を立てていたこともあり、久々に刀を復活させてみようと思います。
    まずは一番大変な作業のエンジンの塗装からです。


     
    -----------------------------------------------------------------------------------------
    ■通常はずべてパーツごとバラしてからキャビネット型のサンドブラスターで作業をするのですが、気が遠くなるほどの手間がかかるため、またシーズンで忙しくなってきたためずぼら工法でいってみたいと思います。
    (バラしますとガスケットなどすべて交換が必要になります)
    ここで登場するのが直圧式のサンドブラスターです。↓
    この直圧式はこれまでのキャビネット型とは比較にならないほどのパワーを持ち、一度使用した経験がある方はずっとこれという人も少なくありません。
    しかしながら全身汚れるのが難点で私は夕方お風呂に入る前にやっています。(笑)

    ■こぼれたサンドは集塵機で集め、油こしなどを使ってまたタンクに入れておきましょう。


    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■今回使用する耐熱塗料は→Top Heat(トップヒート)↓
    熱処理により耐熱、耐アルコールに対応するようになります。
    また、重ね塗りをしてもムラガできないため一機に作業をする必要がなくなります。


    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■今回はカバーなどを付けたまま大まかに塗装しましたが、後で外してから
     磨きをかけ取り付けします。



    ■錆、腐食はカップブラシなどで取った後にサンドペーパーなどで磨いていきます。
     塗装をするかバフ仕上げにするかはお好みで・・



    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■レストアの醍醐味はフレームからだと私は思っています!
     せっかくの作業が後々公開することもしばしばですので是非フレームは塗装しましょう。
     吊るして塗装するのが斑なく仕上げるコツです。



    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■エンジンを乗せる前にせっかくの塗装が剥がれないようにマスキングテープなどでしっかり養生します。

     

    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■いよいよエンジンの組み付けです。
     私の場合フレームを傷つけないようにエンジンを横に置き、その上からフレームを被せるようにして
    ボルトを差し込みます。
    ブリーザーカバーは外さないとうまく入りませんのでご注意ください。



    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■ハーネスなどの取り付け。
    エンジンの装着が終わりましたら車両を立て次はハーネスの取り付けです。
    ハーネスの取り回しは非常に大事ですので慎重やらないと後々問題が起こります。
    ケーブル類もスロットなどがスムーズに動くように注意が必要です。



    ------------------------------------------------------------------------------------
    ■外装取り付けなど。
    ここまでくれば後はビール片手に楽しくいきましょう!
    赤/銀か純正シルバーか悩んでいるのですが、入手した塗料のキャンディーカラー
    が1100のタンクに合わないため現在ストップしています。
    足回りやマフラーは車検に備えとりあえず純正のものを付けます。




    ▲top